実家自室DIYリフォーム(32) フローリング貼りその1

どうも、オリンピックと無縁の生活を送っているyasudaspeedです。

誰かがメダルを取ったところで、あなたの生活に実質的な変化はありますか?(笑)

スポーツなんて、時間と興味がある人がお金を払って観ればいいと思うのです。

さて、数えてみたら今月まだ2日しか休日がなかった人はともかく、本題。

 

前回、

yasudaspeed.hatenablog.com

台形の間口に合わせて台形のドアを作った続き。

f:id:yasudaspeed:20210726203345j:plain

いよいよ、本命ともいうべきフローリングを貼ります。
とりあえずざっくりの仮合わせで、敷居が直線じゃないことが発覚(笑)

f:id:yasudaspeed:20210726203630j:plain

L字の部屋(Lの縦が9畳、横に1畳)なので長手方向に板を流しますが、加工とロスが極力少なくなるよう仮組み。

上の写真で言うと右に20mmずらします。

あえて大壁にせず元の柱を生かしたため、考えるポイントがいっぱい…。

f:id:yasudaspeed:20210726204441j:plain

コンセント付近の曲尺では15mm、

f:id:yasudaspeed:20210726204535j:plain

柱の所では20mmの弧を描く元の砂壁とか。

ま、壁の下は巾木が入るのでシビアなのは柱の所だけですが、

f:id:yasudaspeed:20210726205821j:plain

入口は精密に合わせておく必要があります。

仮組みからざっと幅寸法を合わせて、側面を鉋で現物合わせ。

近所迷惑になる電動工具は明るいうちに済ませておき、手作業でずっと残業してました…。

左右の遊びから強く当たっているところを割り出し、数回鉋を当てて仮合わせの繰り返し。

貼り進めていくと、

f:id:yasudaspeed:20210727102338j:plain

難攻ポイントが来ました。

写真で言うと上と左に実があり、曲尺の先の部分がどうしても組めません。

f:id:yasudaspeed:20210727102725j:plain

当て木をして叩き込むピースと、

f:id:yasudaspeed:20210727102811j:plain

上からはめるだけのピースに分割。

f:id:yasudaspeed:20210727102845j:plain

こういう時は、遮音シートの方に接着剤を打っておくべきだったと学習します(笑)

f:id:yasudaspeed:20210727102950j:plain

25mmのフィニッシュネイラーで止めて、次のピースへ。

f:id:yasudaspeed:20210727103226j:plain

柱と柱の間に継ぎ目が来ると組めないので、ここも1枚物。

L字の横棒1畳と継ぎ目が不整合になりましたが、そこまで考える余裕はありませんでした…。

遮音シートの端は若干の浮き上がりやコーキングがあるため、

f:id:yasudaspeed:20210727103747j:plain

カーブカットした裏面を面取りしてあります。

f:id:yasudaspeed:20210727103856j:plain

柱も厳密には直角平行ではないので、コンマmm単位で合わせます。

難攻ポイントでなくても一度仮組みして問題がないことを確認してから、

f:id:yasudaspeed:20210727104123j:plain

バラして接着剤を打って組み直します。

木は生き物なので、製材後曲がったり反ったりするため、

f:id:yasudaspeed:20210727104328j:plain

全部ではないですが、隙間の調整が必要な場合が時々あります。

組んでバラして削って組んで…の繰り返しで時間がかかりました。

f:id:yasudaspeed:20210727104759j:plain

L字を脱出すると、柱の所以外は淡々と貼っていくだけ。

万が一オイルが漏れると接着不良を起こすため、オイラーの下に廃材を敷いてます。

充電式のフィニッシュネイラーなら、ホースやコンプレッサーの移動もなくて快適に作業できるんでしょうね。

私の場合は元からコンプレッサーがあったため、安価なエア式を選択しましたが、コンプレッサーを持っておらずネイラーを使いたい場合は、充電式をオススメします。

 

とりあえず、今日のところはこの辺で。

(次回、たまったネタをどんどん更新する時間が欲しい)

GC8 WRX STi ver.3 ユーザー車検(継続検査)2021

どうも、スマホが修理から帰ってきたyasudaspeedです。

出ていた症状は、ウェブブラウジング中にホワイトorブルーorブラックアウトし、何の操作も受け付けずそのままシャットダウン。

再起動をしてもPowered by Android画面や防水に関する注意画面で落ちたり、運よくホーム画面に辿り着いてもフリーズしたり。

修理内容は「メモリ不良による基板交換」…ほぼ全部やん(笑)

幸い買って1ヶ月ちょいでのトラブルだったので、無償修理となりました。

今世紀初頭からの携帯電話歴で、初の機材トラブル。

むしろ20年以上、まったくトラブルフリーだったことが奇跡なのです。

さて、外皮だけオリジナル部品のスマホになった人はともかく、本題。

 

前回、

yasudaspeed.hatenablog.com

車検に通りそうな車が出来た続き。

f:id:yasudaspeed:20210719114741j:plain

足回りの点検中に、謎のシミが広がっていることを発見。

f:id:yasudaspeed:20210719114914j:plain

右バンクのブローバイホースの根元から噴いてました。

1番は目視で大丈夫そうなので、3番のプラグコードを抜いてみると、

f:id:yasudaspeed:20210719115118j:plain

プラグキャップはドライ。

f:id:yasudaspeed:20210719115253j:plain

念の為プラグを外してみると(GC8は簡単)、

f:id:yasudaspeed:20210719115311j:plain

ネジ山がかなりオイリー。

かぶっているのは敷地内移動を繰り返したせいか、このオイルのせいか…。

いずれにせよ低水温増量補正中に時々3気筒になり、水温が上がって回すと調子が良くなるのは、この辺に原因がありそうです。

f:id:yasudaspeed:20210719115635j:plain

キャブ車かい!(笑)

f:id:yasudaspeed:20210719115752j:plain

イリジウムプラグなので、肝心の電極には手を出さず、周辺のカーボンを除去するに留めました。

後は走って回してやれば、カーボンが飛ぶはず。

ブローバイホース根元からプラグホールにかけて清掃して、完了。

f:id:yasudaspeed:20210719120056j:plain

ガムテープさんに手伝ってもらって、一人でトー測定。

狂ってなかったので、そのままです。

f:id:yasudaspeed:20210719120316j:plain

2年前に純正に戻していた排気系も、漏れなし。

f:id:yasudaspeed:20210719120522j:plain

洗車して、

f:id:yasudaspeed:20210719120543j:plain

室内清掃して(レカロのレールが見られるため)、検査員の心象を良くします。

まぁ、ボロいしちょこちょこいじってあるので、徹底的に見られるのに変わりはありませんが(笑)

検査員の心象が「そこそこ綺麗でちゃんとしてそう」と「コイツ絶対ヤバいだろ」では、当然ながら所要時間が全然違います。

テスター屋さんで排ガス検査とヘッドライトの光軸調整をしてもらい、

f:id:yasudaspeed:20210719121242j:plain

陸運支局の検査ラインで、

f:id:yasudaspeed:20210719121315j:plain

一発合格!

午後イチの第3ラウンドでサクッと合格すると、

f:id:yasudaspeed:20210719121443j:plain

帰ってきてシールを貼る時間がありました。

 とまぁ、ここまでとんとん拍子に進んだように書いてきましたが、

f:id:yasudaspeed:20210719121759j:plain

出かける前のチェックでエアコンコンプレッサーからちょっと異音がしていたものの、予約があるのでそのまま出かけました。

帰りにはほとんどエアコンが効かなくなり、車内は蒸し風呂状態。

コンプレッサー死亡?

 

とりあえず、今日のところはこの辺で。

(次回、エアコンの効いた部屋で更新したいなぁ)

GC8 WRX STi ver.3 車検対応化2021

どうも、GC8を動態保存しているyasudaspeedです。
車は走れば傷むし、ずっと止めたままでも傷むので、適度に動かすのがいいのは理解していますが…。
実際にそれを行うとなると、なかなか難しいのです。

f:id:yasudaspeed:20210715110653j:plain

ウチのは車庫でトリクル充電しっぱなしなので、放置しがち(笑)
敷地内移動とか近所の買い物とか、チョイ乗りが多くて理想とはほど遠い動かし方です。
さて、水温と油温がちゃんと安定するまで乗る時間が取れない人はともかく、本題。

 

ユーザー車検(継続検査)に向けて、

f:id:yasudaspeed:20210715111107j:plain

点検整備を始めます。
やる前から左のドアミラーが、

f:id:yasudaspeed:20210715111149j:plain

ダメなのは知ってました。

 応急処置でマスキングテープで止めているのは、

f:id:yasudaspeed:20210715111327j:plain

加速中は定位置、

f:id:yasudaspeed:20210715111351j:plain

減速中は外開き、その他段差や傾斜でもフラフラ動いてしまいます。

ちなみにどこかにぶつけたとか手荒に扱った訳ではなく、純粋に経年劣化。

f:id:yasudaspeed:20210715111554j:plain

車内もバッチリ対策(笑)

f:id:yasudaspeed:20210715111744j:plain

運行時必携の予備マスキングテープ。

万が一、人等にぶつかってもマスキングテープが切れるか剥がれるかして、すぐに貼り直せば保安基準は一応クリアしています。

が、検査員にこんな屁理屈を言うと審査が厳しくなるので、大人しく交換します。

GC8の中古部品も数が少なくなり、

f:id:yasudaspeed:20210715112037j:plain

ほとんど選べない状況が続いたのですが、運よく左右セット良品を安く落札できました。

動作確認済みと書いてあるので買ってみたら同じ症状で、返金させて手間とゴミが増えたり、片側だけで今回の左右セットより高価だったり…。

ピンアサインも同じでボルトオン・カプラーオンで、交換作業は一瞬で終了。

f:id:yasudaspeed:20210715113023j:plain

右はまだ生きているので片耳パンダでもいいかなと思っていたら、弟にダメ出しされたので(笑)、両耳パンダにします。

f:id:yasudaspeed:20210715113049j:plain

少しネジが渋かったのでタップでさらったり、

f:id:yasudaspeed:20210715113121j:plain

ずっと前から折れっぱなしで、壊さないと取れないピンをスーパーXで気休めしてみたり、右の方が手間がかかりました。

f:id:yasudaspeed:20210715113329j:plain

確かに両耳パンダの方が解体車成分薄め(笑)

本当は無塗装でRAもどきにするか、両耳ブルーとかのオシャレさんにしたかったのですが、何しろ上述したように選べない状況なもので…今は時間もないし。

そのうち時間が出来たら外した方をO/Hして塗装します(たぶん)

これで外見は車検に通りそうな車が出来たので、通常メンテナンス兼点検。

f:id:yasudaspeed:20210715113957j:plain

リアのLSDオイルとブレーキフルードクラッチフルードとエンジンオイルを交換します。

f:id:yasudaspeed:20210715114107j:plain

整備工具のS社ではちょっと躊躇する価格ですが、中華製なら壊れたら買い替えればいいじゃんの価格だったので、買っちゃいました。

届いてから気付いたのですが、既に1個ありました。

5月の一番忙しい時期に、父のテリオスキッドのブレーキO/Hキットや溶接ワイヤーと同時に発注して、まだ使う時間がないから積んどく…をすっかり忘れてまた購入。

f:id:yasudaspeed:20210715115029j:plain

現在、新品未使用、今回使用の中古、従来からの足踏みワンウェイバルブ式と、豪華な3台体制(笑)

f:id:yasudaspeed:20210715115343j:plain

デフオイルに限らず、必ずフィラーから開けましょう。

抜いてから入れられないと、不動車の出来上がりです。

f:id:yasudaspeed:20210715115530j:plain

抜いたオイルはそれなりで、ドレンのマグネットの鉄粉も極少でした。

下回りのサビが…2回目のレストア時期か…。

f:id:yasudaspeed:20210715115831j:plain

ウチのはBP5のエキマニとオイルパンを流用して、GC8のタービンサポートパイプに溶接した4-2-1エキマニでver.4のシングルスクロールを駆動してます。

クラッチフルードは、

f:id:yasudaspeed:20210715120349j:plain

マスターO/Hしたのにすぐ真っ黒になってしまうので、

f:id:yasudaspeed:20210715120427j:plain

頻繁に交換するためいつも安いヤツ。

f:id:yasudaspeed:20210715120522j:plain

抜いて新フルードですすいでを繰り返し、綺麗になったら、

f:id:yasudaspeed:20210715120643j:plain

ブリーダーを接続し、

f:id:yasudaspeed:20210715120613j:plain

下から引きます。(濡れているのはエアコンのドレン)

が、油断してリザーバーを空にしてしまいました…。

f:id:yasudaspeed:20210715120916j:plain

タワーバーを外すのを面倒がって、フィラーを使わなかった自分が悪いのです。

f:id:yasudaspeed:20210715121013j:plain

結局外して、いつもどおりスレーブシリンダーをクランプで押さえ、クラッチペダルを手でパコパコ。

3枚前の写真のとおり、スレーブが斜めになっていて、低い方にブリーダーがあり、一度エアを噛んでしまうと永遠に抜けません。

スバルさん、設計の時に気付かなかったのかな?製造時どうやっていたのか気になるところ…。

時々クラッチペダルが戻ってこなくなる場合はエアを噛んでますので、上のやり方で解決します。

教訓:タワーバーを外してフィラーを使う!

急がば回れ、ですね。

エンジンとミッションの結合部から、

f:id:yasudaspeed:20210715122500j:plain

オイルが漏れてました。

f:id:yasudaspeed:20210715122603j:plain

クランクリアシールは載せ替え時に交換したとはいえ、7年前だし微妙…。

と思っていたら、ミッションオイルが減ってました。

オイル自体は綺麗だったので、500cc補充。

f:id:yasudaspeed:20210715122920j:plain

とりあえず掃除して、車検に通りそうな車が出来ました。

オイルシール交換?ミッションケース割ってメインシャフト外さないと出来ません。

ヴィヴィオでやりましたが、車検整備にミッションO/Hをセットにしないで頂きたい。

次回の車検までにミッションO/Hかぁ…気が進まないなぁ。

 一人では見られないブレーキランプは、

f:id:yasudaspeed:20210715125522j:plain

三脚を使用して動画撮影。

三脚をセットしたついでに、前も動画撮影しています。

行ったり来たりしなくて楽。

デジカメで動画が撮影できて、クイックシュー付きの三脚がAmazonで1,000円代とは、いい時代になりましたね。

 

 

 とりあえず、今日のところはこの辺で。

(次回、ユーザー車検に行ってきます)

実家自室DIYリフォーム(31) 入口ドア製作

どうも、ハーブガーデンが夕方日陰になってから作業することにしたyasudaspeedです。
ササッと水やりくらいはしますが、炎天下での作業は自殺行為(笑)
一番暑い時間帯は、エアコンのある部屋でリフォーム作業したり、こうしてブログを書いたり…。
さて、最近平熱が35.3℃くらいで体温が低い人はともかく、本題。

前回、入口の敷居を下げた続き。
f:id:yasudaspeed:20210709103549j:plain
当然ながらそれまでの引き戸では寸法が足りなくなるので、ドアを新規で作ります。
f:id:yasudaspeed:20210709103758j:plain
コーナークランプで直角を決めたら、接着剤(木口なので多目)併用のコーススレッドで止めます。
f:id:yasudaspeed:20210709104103j:plain
場所取るし、乾き待ちがあるためなかなか進みません。
ドアノブを取り付ける力板は、
f:id:yasudaspeed:20210709104300j:plain
野縁を接着剤で幅接ぎしていきます。
f:id:yasudaspeed:20210709104544j:plain
力板の保持の他に、上下に1本ずつ補強を入れました。
f:id:yasudaspeed:20210709104821j:plain
鉋で面を出したら、
f:id:yasudaspeed:20210709104952j:plain
表面の化粧板を枠より少し大きくカット。
表面仕上げは悩んだ結果、
f:id:yasudaspeed:20210709105151j:plain
これまでとまったく同じで違和感がないものにしました。
枠に接着剤を塗って板の位置を合わせたら、
f:id:yasudaspeed:20210709105341j:plain
仮止め釘を打ちます。
マスキングテープは、釘が効く補強の位置の目安。
板を置いたら、補強がどこかわからなくなりますから(笑)
翌日、仮止め釘を抜いたら、
f:id:yasudaspeed:20210709105837j:plain
枠からはみ出した化粧板を切り落とします。
f:id:yasudaspeed:20210709105942j:plain
内部の空洞にグラスウールを入れ、同様の手順で化粧板を貼り、
f:id:yasudaspeed:20210709110219j:plain
ドアノブの穴を空けたらドア本体の完成。
f:id:yasudaspeed:20210709110342j:plain
ヒンジを取り付けて、
f:id:yasudaspeed:20210709110449j:plain
位置決めを丁寧にしたのですが、まさかの一発OK。f:id:yasudaspeed:20210709110818j:plain
まったく修正せずスムーズに開閉して、私が一番驚いています(笑)
ドアノブを取り付けたら、
f:id:yasudaspeed:20210709110900j:plain
受け側を少し掘って、
f:id:yasudaspeed:20210709111000j:plain
ちゃんとドアとして機能することを確認。
f:id:yasudaspeed:20210709111138j:plain
閉める時に当てるストッパーをフィニッシュネイルで止めれば、ドア周りの完成です。

今、父の付き添いで病院の待ち時間にこれを書いているのですが、5Gって速いですね。
コンビニの無料Wi-Fiより、画像のアップロードが速いような気がします。
初めて5Gの恩恵を受けた田舎者でした(笑)

とりあえず、今日のところはこの辺で。
(次回、久々に光回線が復活してPCから更新できる…かも?)

ハーブガーデン 食害虫との戦い

どうも、手術後の父に最近まったく手がかからなくなったyasudaspeedです。
炊飯器で父が自分でお粥を炊いて、自分が食べたいものを買ってきて調理して、庭の手入れをして…。
繊維質のもの、脂肪の多い肉、香辛料や極端に酸っぱいなど刺激物NG、腹7分目にして間食で補充といった、切った腸をいたわるための制約はありますが、食事以外は完全に入院前と同じ生活が出来るようになりました!
さて、あまりに普通で離れて暮らす兄弟へのLINEに父の様子をすっかり書き忘れた人はともかく、本題。

先日のハーブが芽生えてハッピーの続き。
バジルの新芽食べられて空いたスペースに補充で撒いた種は、
f:id:yasudaspeed:20210704195251j:plain
防虫ネットの下で順調に育つことを期待していたのですが…。
f:id:yasudaspeed:20210704195632j:plain
車検前の洗車の休憩で見に行ったら、
f:id:yasudaspeed:20210704195731j:plain
また減っているじゃないですか!
f:id:yasudaspeed:20210704195846j:plain
しかも新芽は全滅、ある程度育ったものは根元からバッサリと(泣)
生き残りが密になってきたので、間引きして空いたスペースに植え替えをするか…と思って土を掘ったら、
f:id:yasudaspeed:20210704200220j:plain
居ました!
初心者なのでネキリムシかヨトウムシかわからない残念な人でも、コイツが主犯であることぐらいはわかります。
犯行現場:バジル食べ放題会場
罪状:バジル食べ過ぎ
量刑:死刑
f:id:yasudaspeed:20210704200810j:plain
コーヒーの出し殻を土にすき込むと忌避効果があるとか、
f:id:yasudaspeed:20210704200931j:plain
根元をペットボトルでガードするといいとか、Google先生に教わりながら、
f:id:yasudaspeed:20210704201100j:plain
車検作業そっちのけの緊急対応。
なのに、
f:id:yasudaspeed:20210704201318j:plain
今日見たらペットボトルだけ残ってました。
株のない所にペットボトルを置いた訳はなく、
f:id:yasudaspeed:20210704201519j:plain
ここは2本まとめてガードしたので、両方やられて残骸が少々。
f:id:yasudaspeed:20210704201623j:plain
近隣まで掘って探してみたら、
f:id:yasudaspeed:20210704201816j:plain
やっぱり居ました!
コーヒーもペットボトルも、初心者の適当施工だとまったく効果がなかったようです。

次々生えてきて、根から抜いて放っておくとまた根付いてしまう雑草とあわせて、頭を悩ませるネタは尽きないのですが、
f:id:yasudaspeed:20210704202536j:plain
パクチーはウチの土が合うのか、下に着きそうなのを剪定して、
f:id:yasudaspeed:20210704202720j:plain
刻んでサラダにトッピング。
記念すべき初収穫です!
元気が有り余っているのを畑直送だと、めちゃめちゃワイルドでクセが凄いので、
f:id:yasudaspeed:20210704203150j:plain
今日獲った分は洗って湿ったキッチンペーパーとラップにくるんで冷蔵庫に寝かせました。
明日の昼食は、冷やしうどんレモン風味パクチーを添えて(←オッサンの食べ物じゃない…女子がインスタ映えするやつw)

とりあえず、今日のところはこの辺で。
(次回、明日インプの車検行って来ま〜す)

実家自室DIYリフォーム(30) 入口の敷居下げ

どうも、最近父にあまり手がかからなくなってきたyasudaspeedです。
退院直後は布団の上げ下げ、食事の準備と片付け、買い物はもちろん、新聞まで自分で取って来られませんでしたが…。
昨日は全部自分で出来るようになりました!
さすがピンポン球大の腫瘍を抱えたまま頻繁に近所の低山に登っていた人、恐るべき回復力(笑)
さて、ようやく自分の時間が取れるようになった人はともかく、本題。

前回、床下地の捨て貼りと遮音シートの目地にコーキングを入れた続き。
f:id:yasudaspeed:20210628120100j:plain
フローリング材とエアコンプレッサーの準備は整いましたが、
f:id:yasudaspeed:20210628120407j:plain
部屋と廊下を遮る敷居が邪魔!
f:id:yasudaspeed:20210628151305j:plain
何度躓いたり、ついスリッパを脱いでしまったりしたことか…。
フローリングの高さに合わせて敷居を削っても問題ないよう、予め下に補強は入れてあるので(だいぶ前の洋室側低床化の時なので、画像なし)、
f:id:yasudaspeed:20210628124830j:plain
切る高さを揃えるストッパーの役割をする板を敷いて切っていきます。
f:id:yasudaspeed:20210628144216j:plain
丸のこが入る所は電気の力を借りて、
f:id:yasudaspeed:20210628144401j:plain
木目方向にハンマーで倒す快感(笑)
丸のこが入らない隅は手作業で進めていたら、
f:id:yasudaspeed:20210628144640j:plain
それまで気にならなかった穴が、急に気になるように。
f:id:yasudaspeed:20210628144824j:plain
栓を切り出し、
f:id:yasudaspeed:20210628144946j:plain
現物合わせで若干テーパーにし、叩き込みます。
f:id:yasudaspeed:20210628145241j:plain
ちなみに手のこは中学校の工具セットに入っていたもの。
ま、私の場合丸のこやジグソーがあるので、電動工具ではやりづらい細かい作業しか使わないため寿命が長いのだと思います。
f:id:yasudaspeed:20210628145818j:plain
ドアの開口を135度取って、
f:id:yasudaspeed:20210628145935j:plain
かんなとサンダーであらかた仕上げたら、
f:id:yasudaspeed:20210628150056j:plain
最後は手作業で。
f:id:yasudaspeed:20210628150234j:plain
狙った下げ幅と水平が出ているかチェックして完了です。

とりあえず、今日のところはこの辺で。
(次回、変更した入口の寸法に合わせてドア作ります)

父が退院しました

どうも、最近ちょっとお疲れのyasudaspeedです。
ドコモの家族割に入れてもらって1ヶ月半、新品同様のスマホがフリーズして電源が突然落ちたり、起動してもホーム画面にたどり着けなかったりすること1週間。
昨日はショップの店員さんの前で最初は猫をかぶって正常動作でしたが、徐々に本性を現し(笑)、ついに故障認定され無償修理対象になりました。
同型で前例があるそうなので、たまたま初期不良に当たったみたいです。
ま〜20年以上携帯を使っていれば、機材トラブルが1回くらいあっても不思議じゃないし、今まで一度も何もなかったのが奇跡(笑)
さて、同型色違いの無償貸与スマホでこれを書いている人はともかく、本題。

タイトルのとおり一昨日、父が退院しました。
月曜日の栄養指導ではまだ栄養の点滴と一緒に歩いてましたが、すべての管が外れ晴れて自由の身に。
大腸と小腸を切って繋いだ人なので、まだ食べられない物がたくさんあります。
消化が良い物しか食べられないので、
野菜:基本的にOKだけど細かく刻んで柔らかく煮込んで、ゴボウやコンニャク等繊維が強いもの、ニラ等匂いが強いものはダメ
魚:脂の強いものやタコ等はダメ
肉:同様に霜降りや豚バラはダメで、鶏胸肉やササミ推奨
穀物:米は今のところ全粥、うどんと素麺はいいけど蕎麦はダメ
刺激物:香辛料、極端に酸っぱいものはダメ、塩分控えめ
既にお気付きのとおり、料理する側としては制約が多くて超大変!
大腸がんの手術後患者の食事なんて作ったことがないのですが、リクエスト食材で、
f:id:yasudaspeed:20210626212740j:plain
一口を小さくしてよく噛んで食べるように切ったカボチャの皮に、繊維を切る隠し包丁を入れ薄味で長時間煮込みます。
f:id:yasudaspeed:20210626213331j:plain
白菜と
f:id:yasudaspeed:20210626213407j:plain
ほうれん草は繊維を断ち切るように刻んで、和風ミネストローネスープに。
f:id:yasudaspeed:20210626213521j:plain
ササミは消化に悪そうな筋を取って、酒茹でにしました。
f:id:yasudaspeed:20210626213655j:plain
ずっと白粥だったと思うので、変化をつけるためにほうれん草を刻んで少し鶏ガラスープの素を入れた中華風の全粥。
腹7分目にするように言われていたので、このくらいかな?でサーブしたら、完食してくれました。

とにかく刻んで煮込んで手間と時間ばかりかかるけど、今は食べてくれるだけで嬉しいのです。
味の方は出汁を効かせて、キュウリの酢の物は隠し包丁を入れ酢は水で割って香りを楽しむくらい、私が味見して薄味だけどまぁまぁ美味しいと思うレベルで出しました。
皿洗いもして、次の食事の下ごしらえもして、自分のご飯も別メニューで作るので、ずっとキッチンにいた母の苦労がわかります(笑)

f:id:yasudaspeed:20210626215021j:plain
自分の服の補修でミシンがけをしながら、「あの食材どうやって食べたい?」て聞いて、料理から片付けまで全部終わったらまたミシンの前に戻る…お母さんやん!
yasudaspeed、母になる(笑)
退職して出来た時間と、料理歴30年のスキルが、まさかこんなに早く活かされるとは…。

とりあえず、今日のところはこの辺で。
(次回、バックグラウンドでリフォーム…前回もこの予告だったよねw)