バルブクリアランス調整(2)


どうも、yasudaspeedです。

前回測定した結果をもとに発注したシムが入荷したので、交換します。

イメージ 1

新品シムには厚さが印刷されている…エンジンに火が入ると、いずれ消えちゃうけど。

カムを乗せキャップを規定トルクで締めたら、

イメージ 2

計算上は基準内に収まるはずですが、やはり確認のためバルブクリアランスを実測して、

イメージ 3

微妙に気に入らないところは、中古シムをオイルストーンで削って合わせました。

純正より厳しい公差に収めたら、

イメージ 4

カムオイルシールを打ち込み、

イメージ 5

タイミングベルトを張ったら、クランクを2回転させ合いマークを再確認。

クランクを回す際は圧縮やフリクションを手で感じながら、音も聞きながらチェック。

問題ないようなので、

イメージ 6

新品のパッキンとシールワッシャーで、ヘッドカバーを取り付け。

とりあえず、今できる作業はひとまず完了です。

等長エキマニとそれ用のオイルパンは、現在積まれているエンジンから移植する予定。

軽量フライホイールと強化クラッチも含め、現エンジンを下ろしてから続きを再開することに。

それでは、また会う日までごきげんよう