いろいろ


どうも、いろいろとネタが溜まっているyasudaspeedです。


7月の車検では大人の事情により純正に戻していましたが、

イメージ 1

メタルキャタライザー付きフロントパイプを戻します。

イメージ 2

タービン遮熱板を固定するステーにクラックが入っていたので、

イメージ 3

溶接機を久々に使ったら、ワイヤー送りの調子が悪いです。

イメージ 4

何とか溶接し、余分なビードは削ります。

フロントパイプ脱着はネジを緩めて締めるだけなので、特に書くこともないため省略。

続いて別の日、購入してから2年以上寝かせていたレカロSP-G2を取り付けます。

イメージ 5

乗り降りの際に擦れて穴が開くので、サイドプロテクターも装着。

イメージ 6

シートバックプロテクターもありますし、レールもサイドステーもレカロ純正で車検対応です。

これでZⅡスタースペックを有効活用できるようになりました。

また別の日、

イメージ 7

これも購入して半年寝かせていた、アルミ2層ラジエーター。

イメージ 8

これまで使ってきたコアが約25mmなのに対し、

イメージ 9

倍近い厚さがあります。

風の抜けは悪化するので、放熱カロリーも2倍とは行かないでしょうが…。

イメージ 10

これまでは水温が上がると右足自主規制でしたが、2017仕様はかなり走れます。

ちなみに、これだけいじってあっても、ノーマルを厳守している部品もあります。

ラジエーターキャップ、サーモスタット、リサーキュレーション(ブローオフ)バルブ…。

いずれもちゃんとした理由がありますが、わかる人にはわかると思うので書きません。

別の機会に気が向いたら書くかも(笑)

それでは、また会う日までごきげんよう