キーレスエントリー化


どうも、yasudaspeedです。

私が知る限り、キーレスエントリーの歴史を少し振り返ってみます。

私が子どもの頃は、すべて手動だったドアロックですが…。

80年代には、集中ドアロック(運転席のロックに他のドアが連動)が登場。

今時の若者は知らないかもしれないので、一応説明をしました。

90年代には、赤外線式キーレスエントリーが登場したものの、受光部を狙わないと作動しない代物。

これも不便でしたね。狙ってもミスると、普通にキーで開けた方が早かったりして(笑)

その後、電波式キーレスエントリーになって、車の近くならどの場所からでも作動するようになり…。

ハザードとブザーで応答するアンサーバックが付くのも、一般的となりました。

ここ数年は、キーフリーアクセス&プッシュスタートが当たり前になりつつあります。

で、ウチの足車BP5はアンサーバック付き電波式キーレスエントリーなので問題ないのですが、

イメージ 1

GC8は集中ドアロックなので、時に不便に感じます。

ウチの玄関から見た車庫は上の画像のとおりなので、助手席に鞄を置きたい時とか…。

重いものを買って後席左に置きたい時とか、いちいち運転席まで行かないといけません。

幸いなことに友人からタダで貰った社外品があるので、

イメージ 2

現代化第二弾、アンサーバック付き電波式キーレスエントリーを後付けします。

集中ドアロックなので運転席ドアだけにアクチュエーターを追加すればよいので、

イメージ 3

まずは動作確認。

常時12Vとアース、アクチュエーターの青と緑の線だけを使います。

イメージ 4

ドアロックをフィードバックする白と茶色は使わないため、カプラーから外しておきます。

イメージ 5

電源は後付けしたDCCD配線のリレーに入る常時12V(フタの表記はリアデフ)と共用します。

キーレスは停車中、DCCDは走行中と排反なため、

イメージ 6

キーレスの電源線を二又に加工します。

導体が細い場合は、

イメージ 7

被覆を2倍剥いて導体を折り返し、接触面積と強度を上げる必要があります。

イメージ 8

ドアへの配線はチューブが細く劣化してボロボロなため、外を回します。

この状況でスピーカーケーブルと合わせ4本を、中に回せる人がいたらお会いしてみたい…。

アクチュエーターのステーは付属の長穴タイプだと再現性に難があるため、

イメージ 9

汎用ステーを小加工して、

イメージ 10

切った端もRと面取りを抜かりなく行います。

装着してみると、

イメージ 11

こうなります。

アクチュエーターのロッド側ビスが裏止めになるため、付属の長穴ステーを避けたのでした。

イメージ 12

いろいろ試行錯誤した結果、ここしかない!っていうところに落ち着きました。

内張りを付けると軽く干渉しているかもしれませんが、見えないし作動するし良しとします(笑)

アンサーバックはとりあえず振動を頼りにウインカーリレーを探して、

イメージ 13

えっ?ここ?と思ったので検索してみると、どうやら本当で、

イメージ 14

オーディオスペースの右横にあります。なんでこんな所に…。

イメージ 15

3極のうち黒/黄が信号(リレーコイル)のようですが…。

キーレスユニットからアンサーバック出力を黒/黄に結んでも、ウインカーリレーは無反応でした。

アンサーバック出力が小さいのか、別の方法を検討します。

せっかくオーディオを外したついでに、

イメージ 16

デフィのコントロールユニットを再移設します。

イメージ 17

カップホルダーで見えないのもあるんですが、どうもこのところ接触が悪くて…。

イメージ 18

見やすく操作しやすく修理しやすい、定番のこの位置に戻しました。

油温センサーからユニットに入るカプラーが壊れてますが、配線のテンションで調節した結果…。

走行中の振動で時々針が落ちていた油温計が、ピタッと安定しました(笑)

笑ってないできちんとカプラーを直せ!っていう話なんですけどね。

モノがないしハーネスの引き直しは、結構面倒(純正ライクに配線しているため)。

壊れてはいるものの今のところ一切不具合なく動いているので、しばらくは様子見です。

それでは、また会う日までごきげんよう