エンジン&LSDオイル交換


どうも、yasudaspeedです。

すっかりセカンドカーの立場に安住している、ウチのお疲レッサ。

一応通年運用はしておりますので、1月中旬にオイル交換時期がやってきました。

イメージ 1

純正R180機械式LSDを流用しているため、エンジンオイルと同サイクルです。

イメージ 2

抜いたデフオイルはそれほど汚れておらず、もう少し行けそうな気がします。

これは低イニシャルトルク、45度カムであまり効かせないセッティングのせいもあるかもしれません。

LSDが挙動を支配するのではなく、黒子に徹して内輪の空転を防ぐだけというのが最近の好み。

今回からデフオイルは、

イメージ 3

使いかけのBPを使い切り、ワコーズに移行しました。

変更した最大の理由は、キャップを再封できて車に積んで運搬できるから(笑)

というのもありますが、昔から使っていて信頼しているからです。

イメージ 4

テーパープラグには、シールテープ。

水道用のシールテープはオイルにはダメだという意見もありますが…。

ここ20年ほど、溶けたり漏れたり緩んだりということはありません。

頻繁に脱着するなら、液体ガスケットより作業性が良くて私は好きです。

LSDオイルと同時交換のエンジンオイルは、

イメージ 5

こちらは替えて良かったと思える状態。

イメージ 6

赤札値引きで安く買ってみたものの、長期不良在庫になっていたカストロール

冬の南東シベリアではちょっと固い15Wと1:1でミックスし、10W-50を作ります。

などと書いてみたものの、ただ単に在庫を減らしたかっただけです。

イメージ 7

こういう使い方の車ですので、もっと短いサイクルでオイル交換した方がいいのかもしれません。

それでは、また会う日までごきげんよう