復活


どうも、yasudaspeedです。

昨年12月にスタッドレスタイヤを購入して、通年運用になったはずのインプレッサ

体調が良い時はレガシィでスキーやスノボに出かけ、悪い時は休養に専念した結果…。

インプレッサはひと冬に2~3回乗り、あとは冬眠となってしまいました。

スタッドレスを買わなくてもよかったのでは?と思ったそこのアナタ、正解(笑)

当初の予定ではもう少し乗るつもりだったので、バッテリーのマイナス端子を外さず、

イメージ 1

ジャンプスタートしてもセルが「ウッ」って言うだけで、何も起こらない状態になりました。

帰宅して調べてみたところ、完全に上げてしまうとバッテリーに電気が食われ、そうなるようです。

さらに悪いことに、充電器につなぐと本当は空っぽなのに満充電と表示されます。

2年1万km程で死んだ(かもしれない)バッテリーは一旦脇に置き、予備のバッテリーを充電して、

イメージ 2

年数距離ともに不明ですが、メーターの針の動きはこちらの方がマシです。

余談ですが、この充電器は学生時代の貰い物。

もう少し良い充電器を購入して、死んだ(かもしれない)バッテリーの復活を試みる予定です。

イメージ 3

充電した年数距離不明のバッテリーに交換し、念の為ブースターケーブルも繋いで、

イメージ 4

初爆があってもアイドリングに至るまで時間がかかりましたが、無事復活。

一度始動してしまえば、次からはすぐに始動してアイドリングに移行します。

イメージ 5

スタッドレスタイヤに冬ワイパーのままですが、

イメージ 6

テストと充電を兼ねて試走した結果、走れることは走れます。

ここでいきなり話は昨日に進み、

イメージ 7

レガシィのロアアームブッシュ交換をしようと思ったら、ドラシャブーツパックリを発見。

ブッシュ交換は延期し、

イメージ 8

急遽インプレッサ夏タイヤに交換し、半ば強制的に今シーズンインとなりました。

レガシィのインナーブーツが入荷するまで、通勤とお買い物車です。

フルバケなので、乗り降りの度にシートを前後しないといけませんし…。

軽量フライホイールと強化クラッチのため、アイドリング発進は現実的ではありません。

食後は遠慮したい乗り心地と、あちこちから色々なノイズが侵入してきます。

いかに普段ATレガシィで快適に楽をしてきたか、痛感しますね(笑)

それでは、また会う日までごきげんよう