BP5 リアデフオーバーホール(5)(20191019~20191114)

どうも、TBS「テセウスの船」にちょっとだけ違和感を覚えたyasudaspeedです。

まぁ、ストーリー以外のところで、大したことではないのですが…。

同作では平成元年(1989年)に起こった架空の事件を描いています。

スポンサーにスバルが名を連ねていることもあり、パトカーがヴィヴィオと2代目レガシィセダン。

でも、ヴィヴィオ(KK)は1992年、レガシィ(BD)は1993年デビュー。

そう、2台とも1989年にはまだ存在していませんでした。

ま、レックス(KG)やレガシィ(BC)の劇中車を作っても、今後需要がないですよね(笑)

しかも現時点でのネット調べでBCレガシィの中古車は4台で価格高騰、KGレックスに至っては1台しかない状態。

群馬に次いでスバルのシェアが高い(yasudaspeed調べ)青森でも、まず見かけなくなりました。

子どもの頃は見ない日はないくらい、溢れていたのに…。

さて、オジサンの独り言はともかく、本題。

前回、デフ玉にサイドベアリングを圧入したところまで行きましたが、その続き。

f:id:yasudaspeed:20200326131408j:plain

左がテーパーローラーベアリング(以下TRBと略します)のプリロードを調整するシムで、右がピニオンギアの突き出し量を変え歯当たりを調整するシム。

全ベアリング交換とはいえ、とりあえず前から入っていたシムで組んで様子を見て行きます。

f:id:yasudaspeed:20200326132051j:plain

プリロードの測定は動かしながら荷重を測るため、画像の数値は撮影用サンプルとお考えください。

f:id:yasudaspeed:20200326131832j:plain

サイドベアリングホルダーのネジ山には、スレッドコンパウンドをたっぷりと塗ります。

f:id:yasudaspeed:20200326131955j:plain

バックラッシュを見ながら、

f:id:yasudaspeed:20200326132508j:plain

歯当たりも見ながら…あれ?思っていたよりまともです。

とりあえず従前のシムで組んでいるのですが、TRBの精度が素晴らしい!

とはいえまだ納得できる歯当たりではないので、分解。

ちなみに仮組みの段階では、フロントオイルシールやサイドベアリングホルダーのOリングは組んでいません。

サイドベアリングホルダーにマーカーを入れて外し、デフ玉を取り出し、

f:id:yasudaspeed:20200320211827j:plain

コンパニオンフランジを外し、

f:id:yasudaspeed:20200320212622j:plain

プレスでメインシャフトを抜き、

f:id:yasudaspeed:20200320214215j:plain

TRB(大)を外してシム交換。

現状のシム厚を再確認し、プリロードと歯当たりを考慮して次に組むシムを選択。

プリロードは比較的早い時期に決まりましたが、歯当たりで苦戦。

デフケースを抱えて作業台と地べたの段ボール、プレスの間を何度も往復するうち、腰がブロー…。

タイトルの作業期間は1ヶ月近くかかっていますが、そのほとんどは日常生活や車の乗り降りにも支障があるような腰痛で、実際の作業は数日分(笑)

f:id:yasudaspeed:20200326134515j:plain

ドライブ側を重視するとエンブレ側がイマイチで、エンブレ側を重視すると…の繰り返し。

しっくり来るところが無いのは、歯が減っているせいでしょう。

元々、前オーナーが1度もデフオイル交換をしていなかったのを、私が気付いたのが53,000kmの頃(メーカー指定の交換サイクルは40,000km)

その時点でオイル交換してから、約20,000kmでTRB(S)がブロー。

ピニオンシャフトのプリロードがほぼなくなり、バラした時のバックラッシュは限度値の2倍。

うーん、やっぱり中古を買ってオーバーホールするべきだったか…。

履歴のわかっている自分のデフをO/Hすることにした決意が、揺らぎます。

とはいえ、もう引き返すのもイヤ。

程々の歯当たりと狭めのバックラッシュで組んで、慣らし走行で当たりのキツいところを削り出し、そこそこの歯当たりとバックラッシュに落ち着いてくれることを祈って、

f:id:yasudaspeed:20200326142354j:plain

ケースを閉めちゃいました。

この後搭載して足回りを組み直し、車が着地するところまでは早かったのですが、リアトー調整をする前に、毎年恒例の冬うつになってしまいまして、3ヶ月放置…。

(次回、これまでアップしていなかったモノを上げます。)