実家自室DIYリフォーム(27)壁パテ入れ

どうも、1日に3回もファミリーマートに行ってしまったyasudaspeedです。

どんだけファミマらぶなの(笑)

1回目:営業所止めの床板を取りに行き、弘前市で遅めの昼食

2回目:父のテリオスキッドの車検証コピー

3回目:遅めの夕食…もうファミマでいいやとなりました。

ウチから県道に出ると、右に行っても左に行ってもファミマという環境のせいでもあります。

さて、セブンイレブンとローソンももちろん利用している人はともかく、本題。

 

前回、

yasudaspeed.hatenablog.com

 

壁の意匠を統一した続き。

板の継ぎ目やネジの頭にパテを入れます。

f:id:yasudaspeed:20210411083452j:plain

使用したのはヤヨイ化学のワイドスーパー。

下塗りと上塗り両用で、

f:id:yasudaspeed:20210411083621j:plain

水の量で調整します。

f:id:yasudaspeed:20210411083724j:plain

初めの数回は、パテ粉と水をきちんと計量して作ります。

100均の計量カップタニタのキッチンスケール、

f:id:yasudaspeed:20210411083904j:plain

100均のヘラだと、パンケーキ生地にそっくり(笑)

f:id:yasudaspeed:20210411084018j:plain

砂壁落としで活躍したスクレーパーで、パテを入れていきます。

f:id:yasudaspeed:20210411084156j:plain

車用よりヒケが多いので、もう少し盛った方がよかった…まぁ乾燥後にヒケることに気付いたのですが。

f:id:yasudaspeed:20210411084550j:plain

和室方向

f:id:yasudaspeed:20210411084610j:plain

洋室方向

f:id:yasudaspeed:20210411084630j:plain

入口方向とも、1回目のパテ入れ完了。

24時間放置して、研ぎます。

f:id:yasudaspeed:20210411085157j:plain

サンダーに80番のペーパーをセットし、専用の治具で穴を開け、集塵機に繋がるホースを取り付けます。

サンダーは重い、うるさい、振動、粉塵と、正直あまり積極的に使いたくなる道具ではないのですが、全部手研ぎで出来る面積でもないので荒出しに使いました。

f:id:yasudaspeed:20210411085633j:plain

仕上げは120番で手作業で行い、ペーパーが入らないエッジはスクレーパーを使用。

研ぎ終えるとヒケや盛り足りないところが見えてきますので、2回目のパテ入れ。

f:id:yasudaspeed:20210411090809j:plain

1回目で完全に見落としていた1本にも、忘れずに盛ります。

f:id:yasudaspeed:20210411090006j:plain

サンダーにセットしたペーパーがここで切れるトラブルが続いたので、ガムテープで裏から補強したらちゃんと研磨材を使い切れるようになりました。

一番厄介だったのは、

f:id:yasudaspeed:20210411090325j:plain

和室と洋室の境にあった垂れ壁を撤去したところ。

f:id:yasudaspeed:20210411090401j:plain

はみ出したパテや粉塵が降って来て、大変でした。

f:id:yasudaspeed:20210411090450j:plain

わざと汚した訳ではなく、自然な仕上がり。

保護メガネとマスクは必需品です。あと、定期的な床掃除も。

このパテは水性なので、洗濯すれば落ちます。

f:id:yasudaspeed:20210411091552j:plain

マスキングテープを剥がせば、パテ完了です。

 

とりあえず、今日のところはこの辺で。

(次回、シーラー塗ります。)