J111Gテリオスキッド EF-DEM タイミングベルト他諸々交換(1)

どうも、車窓から花見をしてきたyasudaspeedです。

f:id:yasudaspeed:20210418084556j:plain

あいにくの雨でしたが、今年も桜を見ることができました。

f:id:yasudaspeed:20210418084901j:plain

ついでに信号待ちに水仙も。

田舎なので田んぼや畑の一角に桜、水仙、菜の花…ちょいちょいあるんです。

北国にもようやく春が来ました。

さて、今年開催される弘前さくらまつりには絶対に行かない人はともかく、本題。

 

前回、

yasudaspeed.hatenablog.com

 

認証工場の手抜き点検で、色々とヤバいことが発覚した続き。

ATFがレベルゲージに全然付いてこなかったため、

f:id:yasudaspeed:20210418085427j:plain

翌日、取り急ぎ手持ちのATFを補充。

f:id:yasudaspeed:20210418085802j:plain

エンジンをかけ、各シフトポジションを10秒ずつ2往復してATFを馴染ませた後、

f:id:yasudaspeed:20210418085908j:plain

Pレンジアイドリング温間でフルに合わせました。約1.2Lを追加。

ちょっと多いのは漏れの対策をする時間がなかったため、減るのを見越して…ということにしてください(笑)

f:id:yasudaspeed:20210418090144j:plain

点検記録簿ではプラグ「レ」(点検してOK)となっていましたが、舗装路のみ走行して9ヶ月でこんなに汚れる訳がありません。

ホース類はしっかり固着していました。

f:id:yasudaspeed:20210418090530j:plain

DIコイルは2番が完全に油没でデロデロ、3番も少し濡れ気味。

写真には上手く撮れませんでしたが、目視では油面が見えました。

プラグを外す前に、

f:id:yasudaspeed:20210418090656j:plain

プラグホールの清掃に結構な時間が…まずはウエスで出来るだけ拭きます。

次にパーツクリーナーを入れ、薄めたオイルを拭きます。

エスにパーツクリーナーしか付いてこなくなったら、

f:id:yasudaspeed:20210418090945j:plain

3万kmほど走ったプラグとようやくご対面。

目測でギャップが規定の2倍近くあり、当然ながら交換です。

認証工場の法定24ヶ月点検では見ないで記録簿に「レ」でしたが、私の判断は「x」(交換、exchangeのx)。

というかその認証工場にバツ

本音を言うと、これ以上被害者が増えないよう早く潰れてほしいものです。

車検証を見れば前回の車検から2年で3万km(田舎では普通)走っており、向こう2年もおそらく同じくらい走るであろうことがわかるのですが、その頭すらないのでしょうか…。

いくらうちの父が次の車検(令和4年)はもう無理だろうから程々に…と言っても、数百円のプラグをケチってDIコイルに負担をかけるのはどうかと思うのです。

ま、認証工場としては点検しないで記録簿を作成し、点検手数料は通常どおり貰って、どこかが壊れる度に儲かる仕組み作りに励んでいることでしょう。

 

すみません、愚痴が長くなりました。

yasudaspeed.hatenablog.com

 

前日のマフラー緊急修理で車外では静かになったものの、試走するとまだうるさいので、

f:id:yasudaspeed:20210418094303j:plain

エキマニとタービンの遮熱版を外して、排気漏れのチェック。

手に×マークの位置、そこじゃないと思うのですが…。

覗き込んでライティングを工夫すれば上のような写真が撮れますが、

f:id:yasudaspeed:20210418094512j:plain

普通に見るとこうですから…さすがダ〇ハツ。

先ほどのプラグチェックでも、

f:id:yasudaspeed:20210418094804j:plain

設計や試作の段階で、もうちょっと頭を使おうよ!というのが一杯あります。

気付いていても直さないのか、そもそも気付かないのか、試作しないのか…?

スバルの水平対向は整備性が悪いというのが一般的な認識でしょうけど、実際はレンチの通りなどよく考えられているなぁと感じます。

ダ〇ハツは見えないところにお金をかけず、整備代金で稼ごうという姿勢ですね。

インクジェットプリンター本体が安くて、純正インクカートリッジが高いのと同じ…というか、今日愚痴多くない?(笑)

遮熱板のボルト(アースボルトを除く)が錆びないタイプに改善されたのは評価できますが、

f:id:yasudaspeed:20210418100339j:plain

ボルトのフランジに沿って亀裂が入り、3点から2点支持に成り下がってました。

欠片はこの撮影後、もう1つ発見したので回収。

f:id:yasudaspeed:20210418100613j:plain

応急処置で一回り大きなワッシャーで押さえることにして、

f:id:yasudaspeed:20210418100720j:plain

とりあえず3点支持に復活。

排気漏れはありませんでした。

f:id:yasudaspeed:20210418100810j:plain

少し静かになり、ついでに少し綺麗になりました。

 

タイミングベルト、テンショナーベアリング、カム&クランクオイルシールウォーターポンプサーモスタット、クーラント、エアクリーナーエレメント、プラグ3本、ファンベルト2本。(2021.4.18追記:ヘッドカバーパッキン、プラグホールシール、VVTのOCVプラグOリング。ただ単に書き忘れました。)

タイミングベルトに付随して交換するものが、ようやく決定しました。

 

とりあえず、今日のところはこの辺で。

(次回、ようやくタイベル交換作業に入ります。)