実家自室DIYリフォーム(28)壁シーラー塗布

どうも、最近少しずつ午前中の活動が出来てきているyasudaspeedです。

リフォーム作業や車整備など重い作業は無理ですが、ご飯を炊いたり洗濯したりといった軽作業なら出来ます。

3月中は午前中に動けず悪夢に悩まされていましたが、4月からは悪夢を見ることもなく目覚ましより早起き出来るようになったので、だいぶ改善。

(悪夢の例1:出口のない迷路で命を狙ってくる敵から逃げ続ける。)

(悪夢の例2:立場の違う人達から言いたい放題言われ仕事が終わらない。)

さて、今も体調が整うのを待つ間このブログを書いている人はともかく、本題。

 

前回、

yasudaspeed.hatenablog.com

 

パテ入れが完了した壁の続き。

f:id:yasudaspeed:20210421100247j:plain

事前調査ではベニヤ板に壁紙を貼るとアクが出るということで、シーラーを用意。

柱や胴縁からアクが移らないように、

f:id:yasudaspeed:20210421100610j:plain

エッジから1~2mmにも塗れるようにマスキングします。

f:id:yasudaspeed:20210421100839j:plain

死んでるのではなく、真剣にマスキングしてます。

f:id:yasudaspeed:20210421100945j:plain

部屋中の縁という縁をマスキングしたら、

f:id:yasudaspeed:20210421101019j:plain

めちゃめちゃ仕事した感を演出してみました(笑)

f:id:yasudaspeed:20210421101515j:plain

このところ大活躍の100均1L計量カップで、シーラーを水で希釈し、

f:id:yasudaspeed:20210421101624j:plain

なんとなく400cc作りましたが、ちょうどいい量でした。

f:id:yasudaspeed:20210421101732j:plain

上から下にかけるとローラーの下にどんどん溜まって垂れるので、最初は下から上にかけます。

含まれる液が少なくなってきた後半は、どの向きでも可。

ということを作業中に発見するくらい、ローラー初心者なのです。

ローラーが入らない縁は刷毛で、

f:id:yasudaspeed:20210421102049j:plain

計量カップに50ccくらい刷毛用に残しておくと、持ち運びや刷毛のしごきに便利。

上の写真では塗った様子がわかりますが、

f:id:yasudaspeed:20210421102445j:plain

左が塗布前、右が塗布後、半乾燥状態です。

ブログの画的に弱いのが、シーラー塗布の難点(笑)

ベニヤ板も表面は自然の木なので、1回では吸い込み量のバラつきがありムラになったため、2回塗りました。

乾燥後に触ってみると、さらっとカチッとしていて被膜の形成を感じられますが、写真ではまったく変わり映えしないため割愛します。

 

とりあえず、今日のところはこの辺で。

(次回、足車のオイル交換時期が来ました。)