J111Gテリオスキッド EF-DEM タイミングベルト他諸々交換(2)

どうも、ラジオから流れてきた音楽で困ったことになったyasudaspeedです。

曲は中山美穂 & WANDSで、世界中の誰よりきっと…懐かしい、名曲ですねぇ。

と思って聴きながら作業していたのですが、サビの真ん中、脳内でクレヨンしんちゃんが、「うお~↑お~↓」と音程を外して歌うようになってしまいました。

まなまるさんのせいで、脳内にしんのすけが住み着いて困ります。

間奏中も「2番のサビまで放送されるかな?」←作業に集中できません。

さて、Mr.ChildrenTomorrow never knowsにも影響が出る人はともかく、本題。

 

前回と前々回、

yasudaspeed.hatenablog.com

 

父への聞き取り調査で、10万kmを超えているのにタイミングベルトを交換していないことを私が知った続き。

よくよく聞いてみると、切れたらベルトだけを取り替えればよいと思っている様子。

エアコンやパワステのベルトじゃないんだから、無知って恐ろしいですね(笑)

タイミングベルトが切れたらエンジンオーバーホールかリビルト載せ替えになるから、評価額<修理代で廃車だよ!」

と脅して、強制的に交換します。

EFエンジンの場合、運が良ければベルトのみ交換、普通はバルブクラッシュでシリンダーヘッドO/Hのようですが、説明するのが面倒…というか説明しても理解できないと思うので…。

 

部品が揃ったので、作業を始めます。

f:id:yasudaspeed:20210424091811j:plain

クーラントは色が茶色っぽくなっていました。

f:id:yasudaspeed:20210424091756j:plain

抜いたクーラントをバケツに回収している間に、

f:id:yasudaspeed:20210424092031j:plain

本当に3万km前に交換したのか記録簿が疑わしいプラグを交換します。

左のくたびれた純正を、右のBH5レガシィ純正プラチナの中古に入れ替え。

私が内心で呼んでいる「一応動く鉄屑」には、中古で十分。

f:id:yasudaspeed:20210424092720j:plain

続いてヘッドカバーパッキンの交換。

全面液体ガスケット仕様でした…カムシャフトにまで付着してますし、これまでこの車を見てきた認証工場の整備士のレベルがわかります。

f:id:yasudaspeed:20210424093011j:plain

2番の点火コイルは完全に油没していましたが、

f:id:yasudaspeed:20210424093106j:plain

全気筒硬化プラスチックでした。

f:id:yasudaspeed:20210424093155j:plain

プラグホールシールは下向きに凸で、被せたときに上手く入るようになっています。

今回は時間の都合でヘッドカバー全体の洗浄はパス。

シール面や溝の清掃だけに留めました。

液体ガスケットは塗布したらすぐ組み付けたいので写真はないのですが、

f:id:yasudaspeed:20210424093634j:plain

カムホルダーの角の所に入れてあります。

このVVTのオイルコントロールバルブの反対側からオイル漏れがあり、

f:id:yasudaspeed:20210424094050j:plain

Oリングを交換すればいいだけなのですが、液体ガスケット好きねぇ(笑)

熱で液ガスが硬化してポロポロになっていました。

f:id:yasudaspeed:20210424094512j:plain

純正を頼んでNBRが来ると将来硬化してまた困るので、いつものMo社で熱とオイルに強い赤シリコンP14と念の為P15も発注。

P14が程よい手応えでオイル漏れもなく、P15は使いませんでした。

若干話が前後しますが、

f:id:yasudaspeed:20210424093836j:plain

エアフィルターも交換。

f:id:yasudaspeed:20210424095002j:plain

認証工場の点検記録簿では9ヶ月前に「C」(清掃、cleaning)となっていましたが、エアクリーナーボックスに触った形跡はなくホコリが積もってました。

当然ながら、私の判断は「X」(交換、exchange)。

前回と同じ事を言いますが、その認証工場にバツ

f:id:yasudaspeed:20210424095505j:plain

タイミングベルトに辿り着く前に2時間作業しました。

f:id:yasudaspeed:20210424100208j:plain

抜いたクーラントは少し赤みが残った黒。

f:id:yasudaspeed:20210424100309j:plain

20年モノのホースプラッカーで作った隙間に5-56を吹き込み、剥がしていきます。

f:id:yasudaspeed:20210424100810j:plain

ベルトを緩める前に、ウォーターポンプのプーリーを緩めておきます。

f:id:yasudaspeed:20210424101223j:plain

エアコンのVベルトはプーリー外周と同じ高さまで減り、毛羽立ってました。

f:id:yasudaspeed:20210424101042j:plain

ウォーターポンプとオルタネーターを駆動するVリブドベルトは、ヒビだらけ。

走行中に切れたらオーバーヒートか電欠、どっちが先なんでしょうね?

今回はテストしませんでしたが、誰か試して結果を報告してください(笑)

路上で不動車になったら、うちの父が対応に困るのは確実。

あの認証工場の整備士は、どういう神経をしているのでしょうか…。

ラジエーターファンも外して、

f:id:yasudaspeed:20210424101529j:plain

インパクトでクランクプーリーを緩めました。

f:id:yasudaspeed:20210424101653j:plain

クランクプーリーホルダーも持っているのですが、

f:id:yasudaspeed:20210424101626j:plain

プーリー側にネジ穴がありません。

さすがダ〇ハツ、整備性よりコストカットしか頭にないんですね。

M8×P1.25のネジ穴を2つ開けてくれるだけでいいのに。

自分で開けたくなりますが、バランス取りされているため手が出せません。

今回も溜息が多い回となりました。

整備性の悪いダ〇ハツと整備しない認証工場のダブルパンチで、書いていて疲れます。

 

それでは、今日のところはこの辺で。

(次回、タイミングベルト交換自体は一瞬)