J111Gテリオスキッド EF-DEM タイミングベルト他諸々交換(3)

どうも、タイトル詐欺師のyasudaspeedです。
本人はタイミングベルト交換のつもりで(0)を含め既に3回書いてますが、まだ一度もタイミングベルトが登場していません。
外堀が広過ぎて、なかなか本丸に辿り着きません(笑)
さて、ネタが貯まる一方で更新する時間が無い人はともかく、本題。

前回、クランクプーリーを外した続き。
(すみません、スマホからの更新でリンクを貼れません。下の方に関連記事で出ると思います。)
f:id:yasudaspeed:20210514190858j:plain
首振りエクステンションで、タイミングベルトカバーを外し、
f:id:yasudaspeed:20210514191053j:plain
ようやくタイトル詐欺から脱出(笑)
ウチでは再使用するか否かに関わらず、必ずマーキングを入れます。
f:id:yasudaspeed:20210514191430j:plain
テンションフリー(オートテンショナーなし固定タイプ)から、
f:id:yasudaspeed:20210514191535j:plain
テンションを掛けるとこんなに動きます。
感覚ではクランクアングルで15度くらいバルブタイミングが遅れている感じ…そりゃ低速トルクないわ(^_^;)
カムプーリーを外すと、
f:id:yasudaspeed:20210514191957j:plain
タイミングベルトが削れた粉が…。
f:id:yasudaspeed:20210514192131j:plain
クランク側は、デロデロです。
f:id:yasudaspeed:20210514192335j:plain
カム&クランクシャフトシールは、
f:id:yasudaspeed:20210514192902j:plain
両方とも交換。
ウォーターポンプも交換しますが、
f:id:yasudaspeed:20210514192548j:plain
ポンプ本体だけで行けるはずなのに、叩いても引っ張っても全然動く気配がありません。
f:id:yasudaspeed:20210514192838j:plain
「なるほどね、新品のウォーターポンプにベースガスケットが付属してきたのはそういうことか。」
f:id:yasudaspeed:20210514193144j:plain
裏からプラハンでガンガン叩いて、ようやく分離できました。
f:id:yasudaspeed:20210515122518j:plain
液体ガスケットを塗れとか塗るなとか、作業者のレベルに苦しむメーカーの葛藤(笑)f:id:yasudaspeed:20210515123945j:plain
当然ながらテンショナーも交換。
カムプーリーボルトは純正でシール剤が塗布されているので、
f:id:yasudaspeed:20210515122845j:plain
カムシャフトに残ったシール剤を除去してから、
f:id:yasudaspeed:20210515122925j:plain
再使用不可のため純正新品を使用。
f:id:yasudaspeed:20210515123201j:plain
クランク側、
f:id:yasudaspeed:20210515123238j:plain
カム側のマークを合わせ、
f:id:yasudaspeed:20210515123328j:plain
整備解説書が指定するテンションをかけたら、
f:id:yasudaspeed:20210515123440j:plain
クランクを2周と4周で2回チェック。

EF-DEMという形式からちゃんとしたDOHCと誤解しがちですが、トヨタ式表記だとEF-FEMとなるハイメカツインカムなので、タイミングベルト交換はSOHC同様楽勝です。

とりあえず、今日のところはこの辺で。
(次回、久々にリフォームネタの続き)