J111Gテリオスキッド EF-DEM タイミングベルト他諸々交換(4)

どうも、ハラミ本が無事届いたyasudaspeedです。
f:id:yasudaspeed:20210523171352j:plain
当初は4/28発売なのでギリギリ大丈夫なはずだったのですが、5/19に延期され、その間に転居しまして…。
延期の情報が入った時点で届け先変更をしてみても、反映されず。
キャンセル→再注文も試みたものの、キャンペーン対象のためキャンセルできませんの一点張り。
自分の都合なので青森市の営業所まで取りに行くか〜と思っていたら、配送業者がまさかの日本郵便
そう、先月末に転居届を出していたのです。
配送状況を確認するだけで、家に居るまま無事届きました。感謝!
さて、ドラマデビューするピアニストを録画予約している人はともかく、本題。

前回、サクッとタイミングベルトを交換した続き。
f:id:yasudaspeed:20210523174802j:plain
オルタネーターとウォーターポンプ、エアコンコンプレッサーを駆動するベルトも新品にします。
クーラントを交換・エア抜きするついでに、
f:id:yasudaspeed:20210523175129j:plain
サーモスタットも用意しました。
アッパーホースをバラしていくと、
f:id:yasudaspeed:20210523175521j:plain
液体ガスケットがホースを狭めていました。
私の前にこの車触ったヤツ、どんだけ液体ガスケット好きやねん!
f:id:yasudaspeed:20210525060437j:plain
オイルシールのゴムが異常に硬化していたのは、これのせいで冷却が不十分だったためだと思います。
f:id:yasudaspeed:20210525060734j:plain
横置きで設計したエンジンを縦置きに転用しているため、サーモスタットはシリンダーヘッドの後。
f:id:yasudaspeed:20210525061136j:plain
ミッションマウントを切ってジャッキアップすることで、
f:id:yasudaspeed:20210525061605j:plain
ようやく手が入るスペースを確保。
とはいえエンジンの上に覆い被さり、ミラーを使いつつ手探りで激狭なので大変です。
ヒーターホースもゴチャゴチャで、異世界の住人が設計したとしか思えません。
f:id:yasudaspeed:20210525061959j:plain
戻しも大変なのに変わりはないのですが、工程が見えているので、
f:id:yasudaspeed:20210525062500j:plain
組み付けて、
f:id:yasudaspeed:20210525062550j:plain
締め付けて、
f:id:yasudaspeed:20210525062640j:plain
ミッションマウントを忘れずに戻します。
f:id:yasudaspeed:20210525062849j:plain
パイプのサビを落とし、
f:id:yasudaspeed:20210525063039j:plain
念のため、薄く液体ガスケットを塗布して組み付け。

長袖で作業していましたが、エンジンの上で体を支えた左腕は、
f:id:yasudaspeed:20210525063254j:plain
私のようにメンタルヘルスに問題がある人は、自傷行為かと誤解されます(笑)
今はキレイに治ったので、半袖で普通に外出できますからご心配なく。
無意味なエアロを作る金と時間があるなら、サーモケースを作り直してヒーターホースを整理した方がよほどマシ。
見た目を重んじるダ○ハツと、機械として正しい設計を求めるyasudaspeedは、永遠に相容れないのです。

とりあえず、今日のところはこの辺で。
(次回、まるさん誕生日おめでとう!)