父にがんが見つかりました

どうも、先月から父と同居を始めたyasudaspeedです。

父は昨年から貧血の対処療法として、町のかかりつけ医から鉄剤を処方されていました。
なかなか貧血の改善が見られず、大きな病院に紹介状を書いてくれたのが先月下旬のこと。
血液検査で腫瘍マーカーの数値が高く、当初今月末に予定していた内視鏡検査ほかを急きょ今月頭に行い、大腸がんが見つかりました。
一昨日、病院から翌日家族と来院するようにとの電話があり、昨日私が付き添って行ってきました。

先生によると盲腸の腫瘍で大腸が閉塞寸前のため、来週月曜日に入院して水曜日に手術という提案をされました。
父も私も、過去に複数の近親者のがん治療を看てきているため、その場で入院決定!
悩みとか他の選択肢はなく、さっさと切ってしまうしかない状況。
上手くすれば切って繋げて回復したらハイ終わり、悪くすれば抗がん剤治療に入る可能性もあり得ますが、先生の話からすると前者の公算が大きいと私は踏んでいます。

ちなみに自覚症状はなく、昨日病院で先生にしこりの位置を教わってようやく自覚した次第。
健診での便潜血検査ではずっと問題がなく、がんの発見が遅くなりました。
鉄剤を服用しても貧血が改善しない期間が長いことに、私が気付いて父にセカンドオピニオンを提案していれば…という気がしますが、それも結果論。

とりあえず、今日のところはこの辺で。
(次回、来週は忙しいので更新がないかもです)