実家自室DIYリフォーム(31) 入口ドア製作

どうも、ハーブガーデンが夕方日陰になってから作業することにしたyasudaspeedです。
ササッと水やりくらいはしますが、炎天下での作業は自殺行為(笑)
一番暑い時間帯は、エアコンのある部屋でリフォーム作業したり、こうしてブログを書いたり…。
さて、最近平熱が35.3℃くらいで体温が低い人はともかく、本題。

前回、入口の敷居を下げた続き。
f:id:yasudaspeed:20210709103549j:plain
当然ながらそれまでの引き戸では寸法が足りなくなるので、ドアを新規で作ります。
f:id:yasudaspeed:20210709103758j:plain
コーナークランプで直角を決めたら、接着剤(木口なので多目)併用のコーススレッドで止めます。
f:id:yasudaspeed:20210709104103j:plain
場所取るし、乾き待ちがあるためなかなか進みません。
ドアノブを取り付ける力板は、
f:id:yasudaspeed:20210709104300j:plain
野縁を接着剤で幅接ぎしていきます。
f:id:yasudaspeed:20210709104544j:plain
力板の保持の他に、上下に1本ずつ補強を入れました。
f:id:yasudaspeed:20210709104821j:plain
鉋で面を出したら、
f:id:yasudaspeed:20210709104952j:plain
表面の化粧板を枠より少し大きくカット。
表面仕上げは悩んだ結果、
f:id:yasudaspeed:20210709105151j:plain
これまでとまったく同じで違和感がないものにしました。
枠に接着剤を塗って板の位置を合わせたら、
f:id:yasudaspeed:20210709105341j:plain
仮止め釘を打ちます。
マスキングテープは、釘が効く補強の位置の目安。
板を置いたら、補強がどこかわからなくなりますから(笑)
翌日、仮止め釘を抜いたら、
f:id:yasudaspeed:20210709105837j:plain
枠からはみ出した化粧板を切り落とします。
f:id:yasudaspeed:20210709105942j:plain
内部の空洞にグラスウールを入れ、同様の手順で化粧板を貼り、
f:id:yasudaspeed:20210709110219j:plain
ドアノブの穴を空けたらドア本体の完成。
f:id:yasudaspeed:20210709110342j:plain
ヒンジを取り付けて、
f:id:yasudaspeed:20210709110449j:plain
位置決めを丁寧にしたのですが、まさかの一発OK。f:id:yasudaspeed:20210709110818j:plain
まったく修正せずスムーズに開閉して、私が一番驚いています(笑)
ドアノブを取り付けたら、
f:id:yasudaspeed:20210709110900j:plain
受け側を少し掘って、
f:id:yasudaspeed:20210709111000j:plain
ちゃんとドアとして機能することを確認。
f:id:yasudaspeed:20210709111138j:plain
閉める時に当てるストッパーをフィニッシュネイルで止めれば、ドア周りの完成です。

今、父の付き添いで病院の待ち時間にこれを書いているのですが、5Gって速いですね。
コンビニの無料Wi-Fiより、画像のアップロードが速いような気がします。
初めて5Gの恩恵を受けた田舎者でした(笑)

とりあえず、今日のところはこの辺で。
(次回、久々に光回線が復活してPCから更新できる…かも?)