GC8 WRX STi ver.3 車検対応化2021

どうも、GC8を動態保存しているyasudaspeedです。
車は走れば傷むし、ずっと止めたままでも傷むので、適度に動かすのがいいのは理解していますが…。
実際にそれを行うとなると、なかなか難しいのです。

f:id:yasudaspeed:20210715110653j:plain

ウチのは車庫でトリクル充電しっぱなしなので、放置しがち(笑)
敷地内移動とか近所の買い物とか、チョイ乗りが多くて理想とはほど遠い動かし方です。
さて、水温と油温がちゃんと安定するまで乗る時間が取れない人はともかく、本題。

 

ユーザー車検(継続検査)に向けて、

f:id:yasudaspeed:20210715111107j:plain

点検整備を始めます。
やる前から左のドアミラーが、

f:id:yasudaspeed:20210715111149j:plain

ダメなのは知ってました。

 応急処置でマスキングテープで止めているのは、

f:id:yasudaspeed:20210715111327j:plain

加速中は定位置、

f:id:yasudaspeed:20210715111351j:plain

減速中は外開き、その他段差や傾斜でもフラフラ動いてしまいます。

ちなみにどこかにぶつけたとか手荒に扱った訳ではなく、純粋に経年劣化。

f:id:yasudaspeed:20210715111554j:plain

車内もバッチリ対策(笑)

f:id:yasudaspeed:20210715111744j:plain

運行時必携の予備マスキングテープ。

万が一、人等にぶつかってもマスキングテープが切れるか剥がれるかして、すぐに貼り直せば保安基準は一応クリアしています。

が、検査員にこんな屁理屈を言うと審査が厳しくなるので、大人しく交換します。

GC8の中古部品も数が少なくなり、

f:id:yasudaspeed:20210715112037j:plain

ほとんど選べない状況が続いたのですが、運よく左右セット良品を安く落札できました。

動作確認済みと書いてあるので買ってみたら同じ症状で、返金させて手間とゴミが増えたり、片側だけで今回の左右セットより高価だったり…。

ピンアサインも同じでボルトオン・カプラーオンで、交換作業は一瞬で終了。

f:id:yasudaspeed:20210715113023j:plain

右はまだ生きているので片耳パンダでもいいかなと思っていたら、弟にダメ出しされたので(笑)、両耳パンダにします。

f:id:yasudaspeed:20210715113049j:plain

少しネジが渋かったのでタップでさらったり、

f:id:yasudaspeed:20210715113121j:plain

ずっと前から折れっぱなしで、壊さないと取れないピンをスーパーXで気休めしてみたり、右の方が手間がかかりました。

f:id:yasudaspeed:20210715113329j:plain

確かに両耳パンダの方が解体車成分薄め(笑)

本当は無塗装でRAもどきにするか、両耳ブルーとかのオシャレさんにしたかったのですが、何しろ上述したように選べない状況なもので…今は時間もないし。

そのうち時間が出来たら外した方をO/Hして塗装します(たぶん)

これで外見は車検に通りそうな車が出来たので、通常メンテナンス兼点検。

f:id:yasudaspeed:20210715113957j:plain

リアのLSDオイルとブレーキフルードクラッチフルードとエンジンオイルを交換します。

f:id:yasudaspeed:20210715114107j:plain

整備工具のS社ではちょっと躊躇する価格ですが、中華製なら壊れたら買い替えればいいじゃんの価格だったので、買っちゃいました。

届いてから気付いたのですが、既に1個ありました。

5月の一番忙しい時期に、父のテリオスキッドのブレーキO/Hキットや溶接ワイヤーと同時に発注して、まだ使う時間がないから積んどく…をすっかり忘れてまた購入。

f:id:yasudaspeed:20210715115029j:plain

現在、新品未使用、今回使用の中古、従来からの足踏みワンウェイバルブ式と、豪華な3台体制(笑)

f:id:yasudaspeed:20210715115343j:plain

デフオイルに限らず、必ずフィラーから開けましょう。

抜いてから入れられないと、不動車の出来上がりです。

f:id:yasudaspeed:20210715115530j:plain

抜いたオイルはそれなりで、ドレンのマグネットの鉄粉も極少でした。

下回りのサビが…2回目のレストア時期か…。

f:id:yasudaspeed:20210715115831j:plain

ウチのはBP5のエキマニとオイルパンを流用して、GC8のタービンサポートパイプに溶接した4-2-1エキマニでver.4のシングルスクロールを駆動してます。

クラッチフルードは、

f:id:yasudaspeed:20210715120349j:plain

マスターO/Hしたのにすぐ真っ黒になってしまうので、

f:id:yasudaspeed:20210715120427j:plain

頻繁に交換するためいつも安いヤツ。

f:id:yasudaspeed:20210715120522j:plain

抜いて新フルードですすいでを繰り返し、綺麗になったら、

f:id:yasudaspeed:20210715120643j:plain

ブリーダーを接続し、

f:id:yasudaspeed:20210715120613j:plain

下から引きます。(濡れているのはエアコンのドレン)

が、油断してリザーバーを空にしてしまいました…。

f:id:yasudaspeed:20210715120916j:plain

タワーバーを外すのを面倒がって、フィラーを使わなかった自分が悪いのです。

f:id:yasudaspeed:20210715121013j:plain

結局外して、いつもどおりスレーブシリンダーをクランプで押さえ、クラッチペダルを手でパコパコ。

3枚前の写真のとおり、スレーブが斜めになっていて、低い方にブリーダーがあり、一度エアを噛んでしまうと永遠に抜けません。

スバルさん、設計の時に気付かなかったのかな?製造時どうやっていたのか気になるところ…。

時々クラッチペダルが戻ってこなくなる場合はエアを噛んでますので、上のやり方で解決します。

教訓:タワーバーを外してフィラーを使う!

急がば回れ、ですね。

エンジンとミッションの結合部から、

f:id:yasudaspeed:20210715122500j:plain

オイルが漏れてました。

f:id:yasudaspeed:20210715122603j:plain

クランクリアシールは載せ替え時に交換したとはいえ、7年前だし微妙…。

と思っていたら、ミッションオイルが減ってました。

オイル自体は綺麗だったので、500cc補充。

f:id:yasudaspeed:20210715122920j:plain

とりあえず掃除して、車検に通りそうな車が出来ました。

オイルシール交換?ミッションケース割ってメインシャフト外さないと出来ません。

ヴィヴィオでやりましたが、車検整備にミッションO/Hをセットにしないで頂きたい。

次回の車検までにミッションO/Hかぁ…気が進まないなぁ。

 一人では見られないブレーキランプは、

f:id:yasudaspeed:20210715125522j:plain

三脚を使用して動画撮影。

三脚をセットしたついでに、前も動画撮影しています。

行ったり来たりしなくて楽。

デジカメで動画が撮影できて、クイックシュー付きの三脚がAmazonで1,000円代とは、いい時代になりましたね。

 

 

 とりあえず、今日のところはこの辺で。

(次回、ユーザー車検に行ってきます)