BP5 レガシィツーリングワゴン リアウィンドウモール洗浄

どうも、今日はどうでもいいことを書くことにしたyasudaspeedです。

いつもどうでもいいことしか書いてないじゃない!というツッコミ、正解!

誰の何の役にも立たないブログを、真剣に目指していますので(笑)

さて、誤字脱字がないように「だけ」気を付けている人はともかく、本題。

 

ブログにアップしないので、ほとんど作業していないように思われているウチのBP5。

まあまあの歳なので、ちょこちょこ壊れては直しています。

今年に入ってから、右リアのパワーウィンドウを操作すると、キーッと鳴るようになりました。

黒板を爪で引っかいた時のような不快な音ですので、

f:id:yasudaspeed:20210907213803j:plain

早急にモールを洗浄することにします。

f:id:yasudaspeed:20210907214336j:plain

インナーハンドルのカバーを外すと、

f:id:yasudaspeed:20210907214415j:plain

中にネジがあります。

f:id:yasudaspeed:20210907214452j:plain

グリップのカバーは、昔は手で捻れば外れたのですが、

f:id:yasudaspeed:20210907214543j:plain

硬化したのか固着したのか、工具を要求してきました。

f:id:yasudaspeed:20210907214656j:plain

グリップの上下にもネジがあります(計3本)

f:id:yasudaspeed:20210907214800j:plain

あとはハンドパワーでトリムを外して、

f:id:yasudaspeed:20210907214843j:plain

インナーリモートのカバーを起こして、ワイヤーを離脱します。

f:id:yasudaspeed:20210907214928j:plain

パワーウィンドウのカプラーを切り離すのも、お忘れなく。

f:id:yasudaspeed:20210907215104j:plain

前後ともクリップを外してカバーを起こすと、

f:id:yasudaspeed:20210907215156j:plain

モールを止めるネジが現れます(前後2本)

f:id:yasudaspeed:20210907215355j:plain

全長の3/1の所に2ヵ所あるクリップを外せば、モールが外れます。

書くと簡単なんですが、リアウィンドウはガラスが全部下りないため、めっちゃ大変!

左は同様の症状でモールを外そうとして壊して、結局新品を買いました。

その経験で右は要領が分かっているにも関わらず、ちょっと曲がって手板金。

実は今でもちょっと曲がっています。

f:id:yasudaspeed:20210907215843j:plain

植毛部の汚れが音の原因ですので、丁寧に洗浄して組み戻します。

この作業は春先の黄砂の時期だったので、

f:id:yasudaspeed:20210907220043j:plain

汚れていた車体もついでに洗車して、

f:id:yasudaspeed:20210907220251j:plain

外から洗えない部分は、水拭き。

f:id:yasudaspeed:20210907220125j:plain

タオルが汚れているのは、上記の水拭き作業のせいです。

 

モールを洗浄してから半年近く経ちますが、普段はほぼ無音で、たまに機嫌が悪いとキーッって鳴きます。

半年で数回くらいで、最近は落ち着いたのか鳴いた記憶がありません。

ベストなのは、壊す前提でチャチャッと外してサクっと新品に交換です(笑)

 

とりあえず、今日のところはこの辺で。

(次回、もう1つ小ネタあります)